古川家住宅離れ ふるかわけじゅうたくはなれ

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

滋賀県
昭和前/1926-1988
木造平屋建、瓦葺、建築面積65㎡、渡廊下付
1棟
滋賀県犬上郡豊郷町四十九院919
登録年月日:20070731
財団法人芙蓉会
登録有形文化財(建造物)

敷地の北西に建つ木造平屋建。客間棟の西側縁から長さ7間半の渡廊下で接続する。1畳大の釣床を設けた8畳座敷と4畳半の次の間を雁行して配し,庭側の濡縁が蔵の東に達する。屋根は入母屋造,桟瓦葺で縁庇は銅板葺。庭からの景観を意識した構成である。

作品所在地の地図

関連リンク

古川家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

古川家住宅客間棟
古川家住宅蔵
三養荘本館御幸の間
古川家住宅主屋
森川家住宅書院
ページトップへ