奈良絵本 うばかは(姥皮) ならえほんうばかわ

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
写本 綴葉装
縦24.0cm 横18.1cm
1帖

着た者を醜い姥に見せるという姥皮の昔話は全国的に伝承されているが、尾張では甚目寺観音霊験記と結びついて伝わった。掲載の場面は、継母のいじめに遭った娘が、甚目寺観音から姥皮を授かったところ。姥皮の説話が古い書物の形で伝わっている例は珍しく、また極彩色の挿絵の入った奈良絵本である点も貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

奈良絵本 うばかは(姥皮)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

つれづれ草(奈良絵本)
金剛般若集験記
北斎大画即書細図
北斎大画即書細図

高力種信著

蓮唐草蒔絵経箱
手鑑「藻塩草」(242葉)
ページトップへ