無量寺鐘楼堂 むりょうじしょうろうどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸/1815
木造、瓦葺、建築面積7.4㎡
1棟
長野県松本市会田岩井堂3111
登録年月日:20051110
宗教法人無量寺
登録有形文化財(建造物)

本堂の南正面にある方一間袴腰付の鐘楼で,低い切石積基壇上に建つ。屋根は南北棟の切妻造,桟瓦葺,八角形柱をたて吹放ちとし,四周に高欄を廻す。両側は野物風の梁上に棟束をたて,彫刻を施した笈形を付ける。棟札から大工は出雲崎の宮下治郎七と判明する。

作品所在地の地図

関連リンク

無量寺鐘楼堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正法寺鐘楼
常満寺鐘楼
恵明寺鐘楼
西教寺鐘楼
春江院鐘楼
ページトップへ