文化遺産オンライン

渡邊家住宅新蔵

わたなべけじゅうたくしんぐら

作品概要

渡邊家住宅新蔵

わたなべけじゅうたくしんぐら

住居建築 / 明治 / 近畿

京都府

明治/1868-1911

土蔵造2階建,瓦葺,建築面積45㎡

1棟

京都府舞鶴市字竹屋101

登録年月日:19980902

登録有形文化財(建造物)

高野川の河岸に平を見せて建つ切妻造,平入の2階建土蔵。煉瓦造の高い基底部を築き,腰回りの意匠とする近代的な蔵であるが,内部の架構は,登り梁式の伝統的な構法になる。河岸面に建ち並ぶ近隣の土蔵群とともに,かつての湊町の風情を良く残している。

渡邊家住宅新蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

京都 / 舞鶴 / 土蔵 /

関連作品

チェックした関連作品の検索