椿彫木彩漆笈 つばきちょうぼくさいしつおい

工芸 / 室町 / 東北 

福島県
室町
総高81.0cm 幅(上)60cm (下)68cm 奥行き(上)42.3cm (下)45.5cm 脚高11.0cm 箱高69cm
1背
福島県立博物館 福島県会津若松市城東町1-25
重文指定年月日:19640526
国宝指定年月日:
登録年月日:
福島県
国宝・重要文化財(美術品)

明代に流行した紅花緑葉式の、いわゆる鎌倉彫で装飾した室町時代の笈で、示現寺の笈とともに中国の彫漆器にみらぬ、独自の趣風を発揮している。作行・技法のすぐれた完好な笈の遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

椿彫木彩漆笈チェックした作品をもとに関連する作品を探す

椿彫木彩漆笈
椿鶴亀彫木漆塗重箱
色々威腹巻〈壺袖付/〉
福島県荒屋敷遺跡出土品
桜螺鈿鞍
ページトップへ