椿彫木彩漆笈 つばきちょうぼくさいしつおい

工芸  漆工 / 室町 / 日本 

室町時代
木製・漆塗・彩漆
奥行48.0×幅74.0×高85.8
1背
国指定重要文化財

室町時代に制作された笈。前面に椿を彫りだし、朱と緑の漆を塗り、金箔を貼り付けて装飾してあります。中央の板をはずすと三段の扉が左右に開くようになっており、ここに宗教具を納めていたと思われます。

作品所在地の地図

関連リンク

椿彫木彩漆笈チェックした作品をもとに関連する作品を探す

椿彫木彩漆笈
椿鶴亀彫木漆塗書棚
椿鶴亀彫木漆塗重箱
椿文巻煙草入
花唐草彫木彩漆大香台
ページトップへ