文化遺産オンライン

梶原家住宅中門

かじわらけじゅうたくちゅうもん

作品概要

梶原家住宅中門

かじわらけじゅうたくちゅうもん

住居建築 / 大正 / 近畿

兵庫県

大正/1912-1925

木造平屋建、檜皮葺、間口1.2m

1棟

兵庫県姫路市大塩町字宮之本457

登録年月日:20091102

登録有形文化財(建造物)

内腰掛待合の砂雪隠と主屋との間に東西棟で建つ。間口1.2mの腕木門。高い礎石上に柱を建て、楣で固め、棟木を支持。材は杉丸太。一軒で疎らに竹と丸太の垂木を交互に配る。切妻造檜皮葺、棟は熨斗瓦2枚と雁振瓦。扉は両開の唐戸。軽快な意匠の中門。

梶原家住宅中門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 姫路 / 丸太 / 兵庫

関連作品

チェックした関連作品の検索