反射望遠鏡 はんしゃぼうえんきょう

その他 / 江戸 / 中部 

国友一貫斎
長野県
江戸/1834
黄銅・青銅・ガラス製
最大長43.4㎝、総高43.0㎝
1基
長野県上田市二の丸3-3
重文指定年月日:20120906
国宝指定年月日:
登録年月日:
上田市
国宝・重要文化財(美術品)

我が国ではじめて製作された反射望遠鏡。天保5年(1834)鉄砲鍛冶国友一貫斎(1778~1840)の製作。一貫斎は同様の反射望遠鏡を6台程度製作したとされるが、上田市立博物館所蔵のものは「天保五甲午歳初夏 始而造之 江州国友眠竜能当(花押)」の刻銘を有し、第一号機とされる。材質は鏡筒・接眼筒・架台ともに真鍮製、木製回転台、太陽観測用ゾンガラスが付属。構造はグレゴリー式の反射望遠鏡で、倍率は約70倍。幕府天文方も蘭製に優ると高く評価。今日でも使用可能な状態を保つ主・副反射鏡は銅約63パーセント、錫約37パーセントの特殊合金製(原子間結合による金属間化合物)であり、金属工学的にも技術の到達点の高さを示す。一貫斎の反射望遠鏡は他に、生家、長浜城博物館、彦根城博物館の三基が現存する。生家のものは反射望遠鏡の他、これによる太陽黒点、月面等の天体観察記録、本業の鉄砲関係資料等が豊富であるが、本格的な調査が困難とも言われる。彦根城博物館のものは望遠鏡単体である。この上田市立博物館所蔵品は、第一号機とされるほか、状態も良く付属品類も良く残っている。漆塗りの箱には諏訪藩主諏訪家の家紋である梶の葉が描かれ、諏訪家伝来のものであることが知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

反射望遠鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

望遠鏡(百里鏡)
望遠鏡(百里鏡)

J&J Purkin Sc.製

御遠眼鏡
天体望遠鏡(八インチ屈折赤道儀)〈/英国製〉
天体望遠鏡
倉敷天文台
ページトップへ