倉敷天文台 くらしきてんもんだい

近代その他 / 大正 / 岡山県 

大正15
中央2丁目
(財)倉敷天文台

倉敷天文台は、大正15年に原澄治個人の資力で設立された、日本最初の民間天文台です。倉敷天文台には、当時としては国内最大級を誇った口径32㎝の反射望遠鏡(市指定重要文化財)が設置され、一般の愛好者をはじめ誰でもが観測できるように、無料で開放されました。  このスライディングルーフ観測室は、全天空の観望が可能であること、貴重な大型望遠鏡を風雨から守ること、という設計上の特殊な条件に対し、柔軟な発想で見事に解決して建てられたものです。 雨対策は、屋根の真ん中部分が重なり合うように、金属板で簡単に加工されているだけです。にもかかわらず、雨漏りの形跡がありません。設計・施工時の優れた精度を今もなお保っています。

関連リンク

倉敷天文台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧倉敷天文台スライディングルーフ観測室
天体望遠鏡(八インチ屈折赤道儀)〈/英国製〉
御遠眼鏡
反射望遠鏡
反射望遠鏡

国友一貫斎

望遠鏡(百里鏡)
望遠鏡(百里鏡)

J&J Purkin Sc.製

ページトップへ