庫蔵寺のコツブガヤ こぞうじのこつぶがや

天然記念物 / 近畿 

三重県
鳥羽市河内町
指定年月日:19930608
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

カヤノキはイチイ科のわが国固有の常緑針葉樹で、山形、宮城県以南の温帯に分布している。コツブガヤは、種子が仮種皮を含めて、その直径が(18〜20ミリメートル)通常のカヤに比べ小さいのが特徴で、わが国固有のカヤノキの一変種として学術上価値が高い。
 庫蔵寺のコツブガヤは、庫蔵寺の樹叢内にあり、目通り幹周4・5メートル、樹高25メートル、落雷により先端は失われているものの樹勢は旺盛である。本変種としては、宮城県の小原のコツブガヤが国指定の天然記念物となっている。
 本樹は、カヤノキの巨樹として鳥羽市の天然記念物(昭和45年3月24日)に指定されていたが、平成3年の調査でわが国2本目のコツブガヤであることが判明したため、今回指定しその保存を図ろうとするものである。

作品所在地の地図

関連リンク

庫蔵寺のコツブガヤチェックした作品をもとに関連する作品を探す

東昌寺のマルミガヤ
治郎兵衛のイチイ
追手神社のモミ
小原のコツブガヤ
小黒川のミズナラ
ページトップへ