短刀〈銘左/筑州住〉 たんとう〈めいさ/ちくしゅうじゅう〉

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸 / 南北朝 / 中国・四国 

広島県
南北朝
平造、三つ棟、僅かに反る。鍛小板目最もよく約り、地鉄冴え、地沸つき、地景入る。刃文小湾れ互の目交じり、匂深く冴え、沸つき足入る。帽子強く突き上げて深く焼下げ、棟焼がある…
身長23.6 反り僅か 元幅2.3 茎長8.8 (㎝)
1口
ふくやま美術館 広島県福山市西町2-4-3
重文指定年月日:19340130
国宝指定年月日:19521122
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

初代左文字の最も代表的な出来で、地刃が健全である。相州伝の作風を示し、鍛に地景が細かに現れ、刃文は沸匂が深く、特に明るく冴えたのたれを焼き、帽子の刃文は鋭く突き上げて特色がある。地刃共に極めて明るく晴れ晴れとした名作である。

作品所在地の地図

関連リンク

短刀〈銘左/筑州住〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘筑州住左(江雪左文字)/〉
短刀〈無銘貞宗(名物寺沢貞宗)/〉
短刀〈銘筑州住行弘/観応元年八月日〉
刀〈朱銘義弘(名物松井郷)/本阿(花押)〉
脇指 無銘 伝信国作
ページトップへ