文化遺産オンライン

染付筍文輪花皿

そめつけたけのこもんりんかざら

作品概要

染付筍文輪花皿

そめつけたけのこもんりんかざら

陶磁 / 江戸 / 佐賀県

鍋島藩窯

なべしまはんよう

佐賀県

江戸時代中期/1690~1730年代

磁製

高4.8cm 口径19.9cm 底径10.9cm

4枚

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

笹枝と筍を二対一の比率で対角に配す。笹枝は口縁部に沿って長く肢体を曲げ、筍は七・八段も重なり背を伸ばす。笹も筍も先端を尖らせるが、シャープな印象ばかりではないのは、筍の皮の丸みや笹枝の柔らかい屈曲、丁寧に濃淡をつけられた筍や笹葉の濃みのグラデーションによるのだろう。

染付筍文輪花皿をもっと見る

鍋島藩窯をもっと見る

徴古館をもっと見る

キーワード

佐賀 / 鍋島 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索