Sometsukekikumonkakuzara

染付菊文角皿

Details

Sometsukekikumonkakuzara

染付菊文角皿

陶磁 / 江戸 / 佐賀県

鍋島藩窯

なべしまはんよう

佐賀県

江戸時代後期/1800~60年代

磁製

高3.5cm 口径15.0cm×15.1cm

1枚

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

安永3年(1774)に幕府から佐賀藩に示された10代将軍徳川家治好みの「陶器十二通り」のひとつ「菊形大角皿」に相当する意匠と考えられるもの。
右下より立ち上がる一枝からは小ぶりな五輪が開花。皿の外に一旦は放り出された枝が右上角で大きくしなり、上辺から五つの大輪が顔をのぞかせ、うち一輪は裏菊とし変化をつける。二種の菊輪が対照的で、ダイナミックな躍動をイメージさせる本品は、隅入角皿に成形し、対角の片方に菊花を寄せる構図でありながら、窮屈さを感じさせない。

Search by Sometsukekikumonkakuzara

Search by 鍋島藩窯

Search by 徴古館

Keywords

染付る / / Nabeshima / Dish

Related Works

Search items related to work chosen