福王寺絹本着色愛染明王像 ふくおうじけんぽんちゅくしょくあいぜんみょうおうぞう

その他 / 鎌倉 / 中部 

不明
鎌倉末期
絹地に正面を向いた愛染明王を赤色と金泥・墨線で繊細に線描している。明王像は赤色の蓮華座上に結跏趺坐し、その全体は、熾盛光輪という火炎を抽象化した赤色の円相内に収められて…
縦92.5cm 横51.5cmの絹本製 仏具表具仕立て
1幅
佐久市指定
指定年月日:20140424
有形文化財(美術工芸品)

福王寺は寺伝によれば平安時代の大同3年の開基とされ、平安時代から鎌倉時代、江戸時代の仏像を複数安置する古刹である。また、鎌倉時代の阿弥陀如来坐像は国の重要文化財に指定されている。指定の「福王寺絹本着色愛染明王像」は、江戸時代の「福王寺財産目録」に記載されていることから、それ以前から寺に伝わっていたことがわかる。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

福王寺絹本着色愛染明王像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

愛染明王像
絹本著色愛染明王像
愛染明王像
木造愛染明王坐像
愛染明王像
ページトップへ