刀 銘 讃州住盈永 かたな めい さんしゅうじゅうみつなが

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 江戸 / 中国・四国 

盈永
香川県
江戸時代後期/1797
造込は、鎬造、庵棟、中反りややつき、身巾狭し。鍛は、鎬地沸つき、地小板目よく詰み梨子地風、物打ちに飛焼。刃文は大互の目乱れ表裏揃う、匂厚くつき太足入り冴える、三つ角に島…
刃長71.5センチ、反り2.0センチ、元巾2.8センチ、先巾2.0センチ、元重ね0.5センチ、先重ね0.4センチを測る。
1口
高松市昭和町一丁目2番20号
高松市指定
指定年月日:20150331
高松市
有形文化財(美術工芸品)

同年に制作された香川県立ミュージアム所蔵の「讃州住盈永 寛政九丁巳年八月鍛之」銘の脇差は「刀剣 銘 讃州住盈永」として市指定有形文化財に指定されている。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 銘 讃州住盈永チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 銘 讃州住盈永 附 盈永文書
脇差 銘讃州住盈永
太刀 銘(延寿)国信 太刀
太刀〈銘筑州住左(江雪左文字)/〉
刀〈朱銘義弘(名物松井郷)/本阿(花押)〉
ページトップへ