毛利氏庭園 もうりしていえん

名勝 / 中国・四国 

山口県
防府市多々良
指定年月日:19960329
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 毛利氏庭園は、山口県防府市中心市街地の東に接する史跡周防国衙跡や周防国分寺境内の北方、多々良山山麓に位置する。
 この地には、もと水田の上流部としての溜池や小さな集落があったが、明治25年頃から旧長州藩主毛利家の新しい本邸の場として選ばれ、建設準備が始まった。しかし、折からの日清・日露の役のために遅延し、大正元年になってやっと着工をみ、同5年に本邸と庭園の完成をみたのである。
 旧山陽道から北へ、両側に松並木を配した長い進入路を行くと城門風の表門に至る。門の東は土塀、続いて石垣が南の境として巡らされ、さらに外側に濠を設けて城郭風の趣を呈している。濠周囲には桜並木を配して景趣を盛り上げている。
 表門を入りゆるやかな通路を進むと、右側に梛川[なぎがわ]渓流が流れ、楓を主体とした植栽が渓谷庭園ともいうべき景観を造り上げている。通路の左側の山裾には、土手と数千株のつつじを配植して渓流側とは対照的な趣を展開している。渓流の中間に架けられた石橋を渡り、ゆるやかに登ると、庭門(中雀門)を右に見て本邸表玄関に至る。また、通路をそのまま進めば、旧明治天皇行在所である梛邸前を迂回して本邸表玄関に至る。
 本邸は、3,300平方メートル余の規模をもち、江戸時代の御殿造りの様式を取り入れた近代和風建築である。木曽檜などの良材をふんだんに用いながらも外観としては華美を避け、落ち着いた意匠を示している。また、書院に茶の湯の機能を備えるなど風雅を感じさせる工夫も凝らされているが、この時代にありがちな洋風を極力避け、旧大名家の格式・格調を守る姿勢が感じられる建築である…

作品所在地の地図

関連リンク

毛利氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧毛利家本邸 本門
旧毛利家本邸 石橋
旧岩船氏庭園(香雪園)
旧毛利家本邸 門番所
旧毛利家本邸 洗濯所
ページトップへ