小迫の延年 おばさまのえんねん

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:19790203
保護団体名:小迫延年保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 もと勝大寺を神宮寺としていた白山神社の小迫祭のおりに行なわれるもので、法会【ほうえ】の後宴として行なわれる延年の芸態をよくのこしており、地方的特色のきわめて著しいものである。
 この延年は、小迫にある勝大寺で法要を営み、白山神社に神輿渡御を行なった後、神社境内に設けられた土壇の上でさまざまの古風な芸能を演じるものである。「獅子舞」、「おやまびらき(御法楽【ごほうらく】とも、神男・老女・若女ともいう)」、「入振り舞(薙刀舞ともいう)」、「飛作舞-ひさまい-」、「馬乗渡し」、「田楽舞」などがあるが、「おやまびらき」は演劇的要素の濃いものであり、また「馬乗渡し」には実甲胄、実馬を用いているなど、延年の古風をのこし、芸能史的にみても貴重な価値を有している。

関連リンク

小迫の延年チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小迫の延年
古実式三番
高寺八講
長滝の延年
毛越寺の延年
ページトップへ