金銅装説相箱及び戒体箱 こんどうそうせっそうばこおよびかいたいばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 室町 / 関東 

埼玉県
室町時代
方形または長方形、上げ底式の木箱。
口縁部を含めた外側四方を金銅製の板で覆い、蓮華文や花雲文などの彫金金具を鋲留し装飾
①金銅装説相箱(銘 頼曇 文明拾六年十一月)
 [法量]縦33.8㎝、横30.3㎝、高さ10.6㎝
②金銅装説相箱(銘 頼曇 文明十六年十二月)
 [法量]縦29.3㎝、横26.9㎝、高さ8.9㎝
4点
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
(埼玉県立歴史と民俗の博物館寄託)
埼玉県指定
指定年月日:20160315
有形文化財(美術工芸品)

当該文化財4点は、埼玉県内では珍しい中世の工芸品の遺例として貴重なものである上、伝来の経緯も明らかである。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

金銅装説相箱及び戒体箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅龍文説相箱
絹本着色清拙正澄画像
輪宝羯磨獅子蒔絵戒体箱
金銅獅子文居箱
出浦家文書
ページトップへ