八幡浜市ウラショウジ遺跡出土遺物 やわたはましうらしょうじいせきしゅつどいぶつ

その他 / 室町 / 愛媛県 

安土・桃山
7点
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
八幡浜市教育委員会(愛媛県歴史文化博物館寄託)
八幡浜市指定文化財

ウラショウジ遺跡は、平成6年の八幡浜市日土の市道拡張工事に伴い山肌を掘削中に偶然発見された遺跡である。標高約20mの丘陵斜面から大甕2基が発見され、いずれも備前焼の大甕を埋葬用として転用したものであり、1号墓には男性、2号墓には女性が埋葬されていた。また、1号甕には脇差、2号甕には土師器皿や短刀が納められていた。こうした遺物等から、本遺跡は16世紀代の夫婦の墓で、2号墓が先に埋葬されたと考えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

八幡浜市ウラショウジ遺跡出土遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木綿原遺跡
新町支石墓群
桜馬場遺跡出土遺物(平成19年度調査分)
宮畑遺跡
釈迦寺遺跡出土遺物
ページトップへ