観世音菩薩受記経(聖武天皇勅願経) かんぜおんぼさつじゅききょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 奈良 / 日本 

日本
奈良時代
紙本墨書
縦27.0㎝ 長713.0㎝
一巻
東京都港区南青山6-5-14
根津美術館
重要文化財

天平6年(734)、聖武天皇が国家安泰万民安楽にため、写経司門部王 (天武天皇の孫高安王の弟)主宰の下に敬写を勧めたいわゆる聖武天皇勅願一切経中の一巻で、ほかに『仏説七知経』(京都・檀王法林寺蔵)、『双観無量儒経』巻上(大阪・逸翁美術館蔵)が伝存する。その奥書に「写経司」の名称が登場し、官立の写経所で書写したことが明らかな最古の遺品である。やや扁平な、筆力ある謹厳な楷書の書風は、その後の写経体の嚆矢としうる。

作品所在地の地図

関連リンク

観世音菩薩受記経(聖武天皇勅願経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若経 巻第二十三(和銅五年長屋王願経)
紫紙金字金光明最勝王経 巻第六
仏本行集経 巻第三十三・巻第三十四・巻第四十九(五月一日経)
金光明最勝王経 巻第一~十(国分寺経)
阿闍世王経 巻下(五月一日経)
ページトップへ