阿久津の獅子舞 あくつのししまい

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 

高崎市指定
指定年月日:20110420
無形民俗文化財

 那須の獅子舞(甘楽郡甘楽町秋畑)・藤原の獅子舞(利根郡みなかみ町)とともに県内稲荷流三宗家の一つといわれる。伝承では大化元年(645)に極上興兵衛が舞をはじめ、それが阿久津に伝えられたものという。かつては獅子舞の由来を示す古文書があったが、明治43年(1910)に大洪水にあい流出した。しかし、昭和初期に由来書を筆写したといわれる巻物が伝わっている。
 流派は稲荷流で、舞は獅子(前・中・後)3人、カンカチ1人、笛吹き数人その他で構成される。曲目は、三拍子・ぼんでん・花吸い・まり・つるぎ・笹がかり・岩くずし・雌獅子がくしがある。

関連リンク

阿久津の獅子舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飯塚の獅子舞
小浜長折の三匹獅子舞
遠江森町の舞楽
箱根の湯立獅子舞
獅子頭コレクションと飛騨の獅子舞用具
ページトップへ