十字と葡萄図鐔(南蛮鐔) じゅうじとぶどうずつば(なんばんつば)

金工 / 江戸 / 日本 

江戸時代中期/17~18世紀
鉄 布目象嵌
縦6.5×横5.7㎝
1枚

南蛮鐔と総称される江戸時代中期に流行したヨーロッパ文化の影響を受けて製作された異国風の意匠を有する鐔。耳中央に十字をかたどり、キリスト教に深い関わりをもつ葡萄の図柄が銀象嵌で表・裏にあしらわれている。

作品所在地の地図

関連リンク

十字と葡萄図鐔(南蛮鐔)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南蛮船図鐔(南蛮鐔)
洋風文字龍図鐔(南蛮鐔)
老松雲竜図鐔
老松雲竜図鐔

河村若芝

猛禽捕猿図鐔
猛禽捕猿図鐔

志水甚五

雨下猛虎図鐔〈銘利寿(花押)/〉
ページトップへ