浄水寺碑 じょうすいじひ

その他 / 奈良  平安 / 九州 

熊本県
奈良後期 平安後期
石(阿蘇溶結凝灰岩)
南大門碑:高さ123.0cm 幅56.3cm 厚さ39.4cm
燈籠碑:高さ86.0cm 径50.0cm
寺領碑:高さ101.0cm 幅38.0cm 厚さ34.0cm
如法経碑:高さ128.0cm 幅38.0cm 厚さ42.0cm
4基
熊本県宇城市豊野町上郷1859
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人豊野神社
国宝・重要文化財(美術品)

熊本県史跡浄水寺跡に伝存する古代の石碑である。延暦9年(790)南大門碑、延暦20年(801)燈籠碑、天長3年(826)寺領碑、康平7年(1064)如法経碑からなる。奈良・平安時代のもので、一箇所にまとまって存在する碑として唯一であり、数少ない古代の碑として、古代寺院を解明する上で重要な史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

浄水寺碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒砂分教場の記念碑
伝白山神社経塚出土品
進藤竹坡顕彰碑(進藤君招魂碑)
進藤竹坡顕彰碑(進藤君招魂碑)

中島撫山撰文、書。纂額は陸奥宗光書

町田菊次郎頌徳碑
西ヶ丘碑
西ヶ丘碑

不明

ページトップへ