龍造寺隆信像 りゅうぞうじたかのぶぞう

日本画 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代
絹本着色 掛幅装
竪105.5㎝ 横42.9㎝
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

龍造寺隆信(1529~84)は肥前を代表する戦国武将。「五州二島の太守」として名を馳せたが、天正12年(1584)に有馬・島津の連合軍との島原沖田畷の戦いで戦死した。法名は法雲院殿泰巌宗龍大居士。本像は大紋姿に袈裟をつけ、刀を指し扇子を持って座す姿。

作品所在地の地図

関連リンク

龍造寺隆信像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

龍造寺隆信像
鍋島直茂像
鍋島直茂像

三浦子サン

長巻 折返銘「正平十□肥州末貞」
鍋島直正公御実歴一百図
鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状
ページトップへ