録事尊縁起関連資料 ろくじそんえんぎかんれんしりょう

その他の画像全10枚中10枚表示

有形民俗文化財 / 安土・桃山  江戸 / 関東 

安土桃山~江戸中期/天文21年~安永3年
「糟尾伊心齋宛書状」巻子(紙本墨書)
「意心齋宛書状」巻子(紙本墨書)
「糟尾大明神縁記」巻子(紙本墨書)
「録事堂補修勧進帳」巻子(紙本墨書)
「録事法眼身形坐像」…
「糟尾伊心齋宛書状」縦14.7cm×横72.0cm
「意心齋宛書状」 縦15.0cm×横63.5cm
「糟尾大明神縁記」縦40.0cm×横54.0cm
「録事堂補修勧進帳」縦16.0cm×横187.0cm
「録事法眼身形坐像」総高85.0cm…
7点
鹿沼市指定
指定年月日:20110420
宗教法人常楽寺 代表役員中野宣文
有形民俗文化財

下粕尾の常楽寺では、糟(粕)尾郷の中野智玄(録事尊)という医者による雷神の治療、後鳥羽院の難病治療、娘の生体解剖などの伝説が伝承されてきた。粕尾地区では、この伝承に基づく信仰として「録事尊の村廻り」が市指定無形民俗文化財に指定されている。
   申請のあった「録事尊縁起関連資料」7点は、録事尊伝説や「録事尊の村廻り」の関連を知ることができる資料である。また、申請のあった資料を調査する過程において、県内・外からも新たな資料が発見された。これらのことから、遅くとも中世には、天下に知られた名医が糟尾に存在し、その顕彰のために録事尊伝説が創られ、現在まで伝承されてきたものであることが明らかとなった。
このように、常楽寺の所有する「録事尊縁起関連資料」7点は、録事尊伝説が時代とともに変遷していく過程をたどることのできる貴重な資料であり、市指定有形民俗文化財として指定する価値がある。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

録事尊縁起関連資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

峯相記
倉吉の千歯扱き及び関連資料
阿保家大砲関連資料並びに同鋳物師関連資料
富士講関係資料
北野天神縁起絵巻断簡
ページトップへ