白地多彩鹿文鉢 しろじたさいしかもんはち

陶磁 /

イラン カスピ海南東岸
10-11世紀
陶器
D.24.7cm
1
岡山市立オリエント美術館

見込に朱土で描かれた獣は後ろを振り返りながら走っている姿が躍動感たっぷりに描かれています。角があり、前半身には鱗のよな文様、うしろ半身には円文が施されており、空想上の動物を描いたものと思われます。周囲は唐草文、組紐文、花文で器面いっぱいに埋め尽くされています。

作品所在地の地図

関連リンク

白地多彩鹿文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

多彩釉刻線文鉢
黄白地多彩獣文鉢
黄白地多彩獣文鉢

イラン、ニシャプール

色絵草花文輪花平鉢
色絵草花文輪花平鉢

伊万里(古九谷青手)

白地色絵神獣文鉢
白地色絵神獣文鉢

イラン、レイまたはカシャーン

多彩釉刻線花文鉢
多彩釉刻線花文鉢

イラン、ニシャプール

ページトップへ