富士山図 ふじさんず

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 昭和以降 

鍋島直映 (1872~1943)
なべしまなおみつ
昭和18年/1943年
絹本着色
縦121.4cm 横53.3cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

侯爵鍋島直映は幼少期から日本画に親しみ、禎子夫人とともに、花鳥画を得意とした荒木寛友に学んだ。落款に「七二叟涛山」とあるが、「涛山」の号は関東大震災以後、侯爵鍋島家本邸となった渋谷松涛にちなむ。
富士山は直映得意の画題の一つで複数の作品が伝わる。本図は落款から昭和18年春に描かれたことが分かる。この年の暮れ松涛の自宅で72年の生涯を閉じる直前の最晩年の作である。

作品所在地の地図

関連リンク

富士山図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正公御実歴一百図
徴古館開館式式辞
合歓木翡翠之図
合歓木翡翠之図

鍋島禎子

松風集
松風集

鍋島直大編・鍋島直映跋

鍋島直映肖像
鍋島直映肖像

高木背水

ページトップへ