中野家住宅主屋 なかのけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 明治 / 近畿 

滋賀県
明治/1872/1934改修
木造2階建、瓦葺、建築面積166㎡
1棟
滋賀県大津市中央1-208
登録年月日:20120813
登録有形文化財(建造物)

通りに西面する二階建町家で、建築面積一六六平方メートル、切妻造桟瓦葺。正面は腰を御影石張とし、二階に虫籠窓を残す。内部北半は、米を搬出入するため広い通土間を通し、力感のある小屋組を見せる吹放しとする。昭和初期の軒切り改修を受けた町家の一例。

作品所在地の地図

関連リンク

中野家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中野家住宅主屋
木村家住宅主屋
太田家住宅主屋
奥村家住宅主屋
川嶋家住宅主屋
ページトップへ