待月 たいげつ

日本画 

奥田元宋 (1912(明治45)年-2003(平成15)年)
オクダ・ゲンソウ
昭和24年/1949年
絹本彩色
130.4×204.2

画家の郷里を流れる馬洗川付近の松林が描かれており、なだらかな丘の背後からは月がいまにも顔をのぞかせようとしています。日展で特選を受賞した、風景画家・元宋の出発点ともいうべき作品です。画家は当初、画室の窓から見た松林に月がのぼる様子に感銘を受け、その後自分の心情に見合う光景を求めて複数の場所をスケッチして回ったといいます。最終的に、三次市内の長土手という場所にあるなだらかな松山が選ばれました。
奥田元宋は、現在の広島県三次市吉舎町生まれ。本名は厳三。東京に出て児玉希望に弟子入りし、戦前は主に人物や花鳥をモティーフとした作品を制作します。戦争の激化にともない郷里に疎開、この頃より風景画を生涯のテーマとします。いくつかの実験的な描法を試みたのち、印象的な赤の諸色を用いた作品群を発表、人気・実力ともに現代日本画壇を代表する作家となりました。1996年には銀閣寺障壁画の大作を完成させています。

作品所在地の地図

関連リンク

待月チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋巒真如
秋巒真如

奥田元宋

柳鷺
柳鷺

奥田元宋

浅春
浅春

児玉希望

猿猴捉月
猿猴捉月

児玉希望

室内
室内

児玉希望

ページトップへ