秋巒真如 しゅうらんしんにょ

日本画 

奥田元宋 (1912(明治45)年-2003(平成15)年)
オクダ・ゲンソウ
昭和52年/1977年
紙本彩色
156.5×197.5

巒とは「連なった山々」といった意味を持つ語。真如は仏教用語で「真実の姿」「ありのままの真理」を示します。夜の静寂の中、濃緑色で表された空と湖面とにはさまれて、見事に紅葉した森が満月の光に浮かび上がるように描き出されています。画家はこの作品に、宗教的な観念を重ね合わせたといいます。すなわち、月によって阿弥陀如来を象徴的に表し、風景画としての「山越阿弥陀図」を生み出したのです。
奥田元宋は、現在の広島県三次市吉舎町生まれ。本名は厳三。東京に出て児玉希望に弟子入りし、戦前は主に人物や花鳥をモティーフとした作品を制作します。戦争の激化にともない郷里に疎開、この頃より風景画を生涯のテーマとします。いくつかの実験的な描法を試みたのち、印象的な赤の諸色を用いた作品群を発表、人気・実力ともに現代日本画壇を代表する作家となりました。1996年には銀閣寺障壁画の大作を完成させました。

作品所在地の地図

関連リンク

秋巒真如チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柳鷺
柳鷺

奥田元宋

待月
待月

奥田元宋

浅春
浅春

児玉希望

室内
室内

児玉希望

涅槃
涅槃

児玉希望

ページトップへ