浅春 せんしゅん

日本画 

児玉希望 (1898(明治31)年-1971(昭和46)年)
コダマ・キボウ
昭和5年/1930年
絹本彩色
266.0×176.0

日の光をもさえぎるように暗く鬱蒼としげった針葉樹の森を背後に据え、手前には流れの速度を緩めて深い群青色をたたえる渓流を中心に、陽光に照らされた竹や白梅を点々と配して、冬から春へと移ろいゆく季節の情景を表しています。同年制作の《暮春》(第11回帝展特選)では、画面全体を装飾的に埋め尽くすような表現がとられていましたが、本作では一つ一つの対象が実に丁寧に描き出され、写実的な表現が徹底されています。この時期の希望は風景画の大作を次々と世に問うていましたが、実地での写生に油絵具を用いたり、その都度新たな描法を加味したりと、常に創作上の工夫を自らに課していたようです。
 作者の児玉希望は、現在の広島県安芸高田市高宮町の生まれ。東京で川合玉堂に師事。生涯を通じて幅広い画風に挑み続けた日本画家です。古典研究に基づく山水・花鳥・人物のみならず、華麗な色彩による洋画的表現、抽象画、仏画など、実に多彩な作例があります。また、後進の指導にも熱心で、その門下からは奥田元宋や佐藤太清など、現代日本画壇を代表する多くの作家が輩出しています。

作品所在地の地図

関連リンク

浅春チェックした作品をもとに関連する作品を探す

暮春
暮春

児玉希望

室内
室内

児玉希望

荊軻
荊軻

児玉希望

涅槃
涅槃

児玉希望

猿猴捉月
猿猴捉月

児玉希望

ページトップへ