文化遺産オンライン

秦益人刻書石

はたのますひとこくしょせき

概要

秦益人刻書石

はたのますひとこくしょせき

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 奈良 / 中国・四国 / 山口県

山口県

奈良中期/750

ほぼ将棋の駒型の石製品で、上部に口径1cmの穿孔、右側面に数条の線痕がある。穿孔の周囲は摩滅している。一面に10字、反面にも刻書があるが十分釈読できない。石質は蛇紋岩。

高さ23cm、幅15.9cm、厚さ3cm、重さ2.7kg

1点

山口市小郡下郷609-3

山口市指定
指定年月日:20131127

山口市

有形文化財(美術工芸品)

昭和38年,39年頃、山口市小郡上郷(仁保津)で果樹植栽中に地下30~40cmの地点で発見された。平成19年末から翌年にかけて、神戸大学他の古代史研究者による現物調査が実施された。その結果、ほぼ8世紀半ばの石文資料であることが判明した。

秦益人刻書石をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

/ 山口 / 小郡 / 鋳銭司

関連作品

チェックした関連作品の検索