文化遺産オンライン

松本家住宅南屋敷南東納屋

まつもとけじゅうたくみなみやしきなんとうなや

作品概要

松本家住宅南屋敷南東納屋

まつもとけじゅうたくみなみやしきなんとうなや

住居建築 / 昭和以降 / 近畿

奈良県

昭和前/1926~1945

木造平屋建、瓦葺、建築面積24㎡、門付

1棟

奈良県北葛城郡広陵町大字古寺308他

登録年月日:20171027

登録有形文化財(建造物)

辰巳蔵東端部から道具蔵の東側に建つ。東側の外観は腰部を高く竪板張とし、上部漆喰塗で板塀に見えるが、敷地内側は丸太柱を立てて屋根を深くかけ、吹放ち土間敷の空間とし、物置としている。南側二間半は壁を造って部屋とする。敷地東側の景観を作る納屋。

関連作品

チェックした関連作品の検索