松本家住宅南屋敷南及び西面塀 まつもとけじゅうたくみなみやしきみなみおよびにしめんへい

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

奈良県
昭和前/1926~1945
土塀、瓦葺、延長39m
1棟
奈良県北葛城郡広陵町大字古寺308
登録年月日:20171027
登録有形文化財(建造物)

内蔵南西端部から南に延び、敷地南西隅から南面西寄りまでを画す土塀。西面は延長二七・一メートル、南面は延長一一・六メートルで、いずれも南西隅側を一段切り下げる。屋根は桟瓦葺で、南面は柱を見せる。豪農の住宅にふさわしい景観を作る塀である。

作品所在地の地図

関連リンク

松本家住宅南屋敷南及び西面塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松本家住宅南屋敷北東納屋
松本家住宅北屋敷乾蔵
松本家住宅辰巳蔵
松本家住宅表門
松本家住宅北屋敷門屋
ページトップへ