杉戸絵 司馬温公図 すぎとえ しばおんこうず

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 明治 / 静岡県 

草野龍雲 (1864-没年不明)
くさのりゅううん
杉板着色(金砂子撒)・杉戸絵2面
①縦176.5 横89 ②縦176.5 横89
三島市郷土資料館
市指定文化財

大瓶の中に落ちた子供を助けるために、大瓶を石で割って子供を助け出す場面を描いたが、原話は、中国北宋中期の学者で「資治通鑑」の編集をした司馬光の訓話を元にしている。
物よりも人間の命の重みを教える話として、明治時代には教訓訓話として取り上げられた。
作品に残る印章には「常正」と「龍雲」とが読み取れるが、それ以上に
作者の経歴等については詳らかではない。梅御殿の杉戸絵のもう一人の筆者である
湯川松堂とともに、鈴木百年に学んだ画人であろうかと推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

杉戸絵 司馬温公図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

杉戸絵 経正竹生島詣図
杉戸絵 秋草鶉図
杉戸絵 郭子儀図
杉戸絵 藤図
杉戸絵 藤図

草野龍雲

杉戸絵 足柄山(新羅三郎吹笙)図
ページトップへ