杉戸絵 足柄山(新羅三郎吹笙)図 すぎとえ あしがらやま しんらさぶろうしょうをふく ず

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 明治 / 静岡県 

湯川松堂 (1868-没年不明)
杉板着色(金砂子撒)・杉戸絵2面
①縦176 横88.5 ②縦176.5 横89
三島市郷土資料館
市指定文化財

笙の奥儀に達した新羅三郎義光が、後三年の役で兄義家を援けるために
奥州に下る際、笙の師匠、豊原時元の子、時秋に足柄山で秘曲を伝授するところを描いた図。同様の画題は、土佐派のほか幕末の絵師、岡田為恭(おかだためちか)も描いているが、たいていは笙を吹いている場面で、このように笙を置いているのは珍しい作品

作品所在地の地図

関連リンク

杉戸絵 足柄山(新羅三郎吹笙)図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

杉戸絵 郭子儀図
杉戸絵 司馬温公図
杉戸絵 経正竹生島詣図
杉戸絵 秋草鶉図
「柳に水車図・桐花図」杉戸絵
ページトップへ