下田ノ沢II式土器 しもたのさわにしきどき

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

続縄文時代
器高13.0cm、口径9.0cm
常呂川河口遺跡
83c号竪穴住居跡出土
北見市教育委員会

典型的な下田ノ沢II式の小型土器完形品。下田ノ沢II式土器は主に道東部に分布するもので、これ以前の型式である下田ノ沢I式土器と確定されるものは当該地域では出土していない。従って、この土器の出土はその分布域拡大を意味するものとなる。また、同竪穴からは文様構成や突起等の特徴より下田ノ沢II式と近縁関係にあることが指摘される宇津内IIb式の土器も出土しており、ここから両者の型式が接触していたことを覗うことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

下田ノ沢II式土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宇津内IIb式土器
厚岸神岩砦跡及び竪穴群
鈴谷式土器
後北C2・D式土器
大鹿窪遺跡
ページトップへ