吉田中安全秋葉山常夜燈 よしだじゅうあんぜんあきはさんじょうやとう

その他の画像全6枚中6枚表示

有形民俗文化財 / 江戸 / 中部 

愛知県
江戸後期/1805
本常夜燈は、下から基壇・基礎・竿・中台・火袋・笠・宝珠の各部位から成り、基壇以外は一石を整形。なお、基壇の一部・火袋・宝珠については昭和55年の再建の際の復元。形態的には…
基壇最下段は一辺2.72m、各段の高さは0.3m程で、総高0.91m。基壇最上段は、一辺1.62m、高さ0.34mの方形。この上には、高さ0.54m、一辺0.7mの六角形に整形された基礎が乗る。竿は、高…
1基
愛知県豊橋市八町通五丁目地内
豊橋市指定
指定年月日:20150723
有形民俗文化財

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

吉田中安全秋葉山常夜燈チェックした作品をもとに関連する作品を探す

畔吉諏訪神社大山石灯籠
領家大山石灯籠
石燈籠
石燈籠

不明

金銅釣灯籠
大場六地蔵
ページトップへ