文化遺産オンライン

舎利容器(銀箱)

しゃりようき

作品概要

舎利容器(銀箱)

しゃりようき

金工 / 奈良 / 大阪府

出土地:大阪府茨木市太田三島廃寺出土

奈良時代・8世紀

銀鍛造

1合

重要文化財

出土地の太田廃寺は中臣太田連(なかとみのおおだのむらじ)の氏寺と考えられている。明治40年(1907)、開墾中に塔心礎が発見され、円形座に穿(うが)たれた長方形舎利孔に舎利容器が納められていた。石製舎利容器の中に金銀製の内容器、銅製合子を三重の入れ子式に納めていた。

舎利容器(銀箱)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舎利 / 容器 / Reliquary / 廃寺

関連作品

チェックした関連作品の検索