文化遺産オンライン

花瓶

かへい

作品概要

花瓶

かへい

江戸

江戸時代・18~19世紀

銅製鋳造

高28.3 口径28.3 底径17.5

1口

青銅製鋳造、独特の形をした花瓶で、首の付け根や肩の部分には、幾何学的な文様を表し、両形には亀をあしらっている。この器は、古代中国の青銅器「尊{そん}」を模したものである。江戸時代には、このように中国青銅器を模した作品が多く制作された。

花瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

中国 / 青銅器 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索