文化遺産オンライン

三彩貼花鳳首瓶

さんさいちょうかほうしゅへい

作品概要

三彩貼花鳳首瓶

さんさいちょうかほうしゅへい

陶磁 / / 中国

制作地:中国

唐時代・8世紀

陶製

高32.5 口径5.9 底径10.1

1口

唐時代、8世紀前半頃につくられた三彩の鳳首瓶。注口は肩になく、鳳首のついた口から注ぐ形。この形にはササン朝ペルシアの銀器からの影響があり、その用途は酒器としてだけでなく、手水用の注器でもあったことが壁画などの絵画資料にみることができます。
(三笠景子氏執筆)

三彩貼花鳳首瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 中国 / China /

関連作品

チェックした関連作品の検索