行書唐書王涯語軸 ぎょうしょとうじょおうがいごじく

 /  / 中国 

梁同書筆
制作地:中国
清時代・18~19世紀
彩箋墨書
縦133.4 横60.3
1幅

梁同書(りょうどうしょ)は乾隆帝(けんりゅうてい)の側近の梁詩正(りょうしせい)の子で、進士となり翰林院侍講などを務めました。帖学派の代表格で、独自の美意識に基づき用具用材を選んだといいます。金泥で花卉が描き込まれた蝋箋に濃墨で記された本幅は、余白を広くとり、実に典雅な趣があります。(六人部氏執筆)(180828_t08)

作品所在地の地図

関連リンク

行書唐書王涯語軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

墨池鼎足巻
墨池鼎足巻

劉墉・梁同書・王文治筆

隷書七言聯
隷書七言聯

伊秉綬筆

行書少陵述古軸
行書送李愿帰盤谷序軸
楷書懐素自叙帖語軸
ページトップへ