龍頭観音像 りゅうずかんのんぞう

絵画 / 明治 

河鍋暁斎筆
明治時代・19世紀
紙本墨画
354×199.9
1幅

 あまねく衆生を救うため、相手に応じて、三十三の姿に変身する観世音菩薩のうちの、龍に乗る龍頭観音を暁斎はしばしば描いている。とくに本図は、狩野派の画風が生かされた力強い筆線で表現されている。「如空暁斎洞郁謹画」と謹直に署名している。  

作品所在地の地図

関連リンク

龍頭観音像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

地獄極楽図
地獄極楽図

河鍋暁斎筆

山姥
山姥

河鍋暁斎筆

観音三十三応身図
千手観音像
龍頭観音像
龍頭観音像

佐藤朝山作

ページトップへ