文化遺産オンライン

山姥

やまんば

概要

山姥

やまんば

絵画 / 明治

河鍋暁斎筆

明治17年(1884)

絹本着色

153.6×83.3

1幅

山姥は、奥ふかい山に住む、怪力の伝説的な女であるが、ここでは、坂田金時(さかたのきんとき)(金太郎)とその母という趣向の浄瑠璃「嫗山姥(こもちやまうば)」のような設定で描かれている。暁斎は、はじめ浮世絵を学び、狩野派の画風をも習得して、とくに風刺画や戯画に個性を発揮している。

山姥をもっと見る

河鍋暁斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

暁斎 / 河鍋 / Meiji / Kyōsai

関連作品

チェックした関連作品の検索