聖徳太子

絵画 / 明治 

吉川霊華筆
明治42年(1909)
絹本着色
105.6×40.7
1幅

霊華は、はじめ、浮世絵師橋本周延の門に入り、のち狩野派や土佐派を学んだ。国史内典、有職故実に精通し、日本の歴史上の人物を題材とした作品を描く。冷泉為恭に私淑して、大和絵風の画風をうち立てた。代表作「離騒」など、端麗な白描画は評価が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

聖徳太子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二日月
二日月

川合玉堂

菱田春草筆 「武具の図」
地獄極楽図
地獄極楽図

河鍋暁斎筆

溪村春麓図
溪村春麓図

川合玉堂

山姥
山姥

河鍋暁斎筆

ページトップへ