雪中若菜摘図 せちゅうわかなつみず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

森高雅(1791~1864)筆
もりたかまさ
江戸時代後期
絹本着色 一部金泥描
本紙縦102.4cm 横34.8cm
1幅

宮中で正月に行われる若菜摘の行事を、遊女と禿で見立てて描いている。筆者森高雅は、初め牧墨僊について浮世絵を描き玉僊と号したが、後みに土佐派に転じ、高雅を名乗った。改号以降は、古典的画題を浮世絵の艶麗な画風で描いたものが多い。

作品所在地の地図

関連リンク

雪中若菜摘図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

猫図
猫図

月僊

風俗図
坂本龍馬肖像画
坂本龍馬肖像画

公文菊僊

西王母図
西王母図

月僊

花卉草虫図
花卉草虫図

山本梅逸(1783~1856)筆

ページトップへ