頼光大江山入図大花瓶 らいこうおおえやまいりずだいかびん

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 明治 

横山弥左衛門作
明治5年(1872)
銅鋳製造象嵌
高126.7cm
1対

本作は日本が国家として初めて参加した明治6年(1873)のウィーン万国博覧会の出品作。巨大でありながら精緻という当時の日本工芸の特質をよく現し、装飾には実に多彩な装飾技法が用いられている。横山孝茂(初代横山彌左衛門)は高岡の鋳工、孝純(二代彌左衛門)はその子で、親子の合作である。

作品所在地の地図

関連リンク

頼光大江山入図大花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武人文大香炉
武人文大香炉

制作者:二代 横山 彌左衛門
製作者:圓中 孫平

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

花鳥文様象耳付大花瓶
絹本著色瀟湘八景図〈横山大観筆/〉
銅蟹蛙貼付蝋燭立
銅蟹蛙貼付蝋燭立

百瀬惣右衛門作

ページトップへ