たぬき

絵画 / 明治 

荒木寛畝筆
明治時代・19世紀
カンバス・油彩
55.0×67.0
1面

荒木寛畝は江戸に生まれ、狩野派の絵師荒木家の養子となって土佐藩の絵所を務めた。維新後は各種の展覧会に出品して名を挙げた。宮中の絵画を委嘱されるとともに、東京美術学校教授、帝室技芸員に任じられた。
非常に珍しい寛畝の油彩画で、回顧展の図録『寛畝集』(大正6年)にも収載される。寛畝は明治5年の湯島聖堂博覧会で洋画を見て驚き、英国帰りの国沢新九郎に師事して油絵を学んだ。明治12年には元老院の命で英照皇太后の肖像を描いている。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

軍鶏
軍鶏

荒木寛畝筆

阿房宮
阿房宮

荒木寛畝筆

鍵屋茂兵衛教成像
鍵屋茂兵衛教成像

川端玉章筆

濃尾大演習
濃尾大演習

長原孝太郎筆

昭憲皇太后
昭憲皇太后

松岡寿筆

ページトップへ