阿房宮 あぼうきゅう

絵画 / 江戸 

荒木寛畝筆
元治元年(1864)
絹本着色
172.5×105.0
1幅

阿房宮は、秦の始皇帝が黄河の大支流、渭水の南に築いた一万人を収容できたという宮殿。寛畝は、幕末には土佐藩の絵所預となり、明治になると宮中の御用絵画を多く描いた。その画業の中心は、花鳥画であるが、本図では大画面に精緻な筆致で広大な宮殿を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

阿房宮チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狸

荒木寛畝筆

軍鶏
軍鶏

荒木寛畝筆

綾本著色聖徳太子絵伝(絵殿旧障子絵)〈秦致真筆/(法隆寺献納)〉
芍薬
芍薬

荒木寛畝

松図屏風
松図屏風

伝土佐光信筆

ページトップへ