Epang Palace

Details

Epang Palace

Paintings / Edo

By Araki Kanpo (1831-1915)

1864 (Genji 1)

Color on silk

172.5×105.0

1幅

阿房宮は、秦の始皇帝が黄河の大支流、渭水の南に築いた一万人を収容できたという宮殿。寛畝は、幕末には土佐藩の絵所預となり、明治になると宮中の御用絵画を多く描いた。その画業の中心は、花鳥画であるが、本図では大画面に精緻な筆致で広大な宮殿を描く。

Related Works

Search items related to work chosen