和歌懐紙 わかかいし

 / 室町 

後柏原天皇筆
室町時代・16世紀
紙本墨書
1幅

後柏原天皇は応仁の乱の後の乱世に在位したが、文才が豊かで御集『柏玉集』や、日記『後柏原天皇宸記』を残した。本作は、永正6年(1509)の新年の歌会始めのもの。天皇は能書(書の巧みな人)として知られ、後柏原院流の祖として尊重された。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌懐紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

詠草
詠草

後柏原天皇筆

後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失)
和歌懐紙「亀万年友」
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
正親町天皇宸翰和歌懐紙
ページトップへ